技術紹介

金型のご紹介

単発型

試作に試作を重ね、マブチモーター社へ協力をし、研究開発をしております。

単発型金型の写真

順送型

順送型とは、二つ以上の複数の工程を一つの金型内で行い、一枚の平板から製品の状態まで加工する金型を表します。

材料を均等なピッチに配置し、同じピッチで送る事で、均一で精密な製品の加工が可能となります。

弊社では、曲げ、絞り、せん断や、積層加工、カシメ加工と全ての工程をそれぞれ順送で行うことにより、大量生産と大幅なコストダウンを可能とし、製品の精度の向上にも成功しました。

お客様のご要望に対し、真正面から受け止め、よりより技術のご提案いたします。

お客様のご要望に対しての柔軟性と対応力!

順送型金型の写真

共用型

共用型金型の写真

通常一つの製品を加工できるのが一般的な金型ですが、共用型とはピッチが同じであれば、複数(2~3アイテム)の製品を加工する事が可能な金型を表します。

弊社の技術開発により、部品交換、パーツの交換や加工調整をすることで、金型をプレスにつけた状態のままパンチの交換や調整を可能とし、金型をつけかえる時間の短縮にも成功しました。

過去の実例として、大きさ(展開、寸法)や形状の異なる2種類の製品の加工のご依頼がありました。

その際、こちらからお客様に共用型のご提案をし、大幅なコストダウンと納期の短縮を実現いたしました。

確かな技術と提案力!

高速精密加工

高速精密加工金型の写真

様々な材質の製品を、一つひとつ精密に加工し、大量生産を実現いたします。

お客様のご要望に対し、弊社が果敢にチャレンジいたします。